小学生の算数学習で問題を解きやすくなるようなコツ

小学生の算数学習は「一桁の計算」を完全に理解するところが重要

小学生の算数学習は一桁の足し算から始まります。ごくごく基本的なことを覚えることを目的としています。

簡単な足し算のあとには簡単な引き算を学びますが、こちらも一桁から始まり基礎を叩き込ませていきます。

一桁は簡単そうに見えて、実は重要な要素といえます。

どうしてなのかといえば、二桁、三桁の足し算になったとしても、一桁の計算の知識を用いることになります。

一桁の計算を完全にできることが、算数の基本といえるのではないでしょうか。

 

掛け算は九九をきっちりと覚えることが重要

掛け算の基本となるのは九九です。1×1から9×9までを、きっちりとできるようになりましょう。

二桁、三桁になると戸惑う人もいますけど、一桁の掛け算さえできるようにあっておけば、問題なく解くことができます。

数字は並んでいたとしても、一つ一つの計算は九九の領域に収まっていることを覚えておきましょう(繰り上げについてはきっちりと覚えておく)。

 

割り算の解法

足し算、引き算、掛け算は問題なくとも、割り算になるとできなくなる人を見かけます。

割り切れる数字については、九九の掛け算を利用するとよいでしょう。

例えば、81÷9という問題が出たとします。

9に何をかければ、81になるのかというように発想転換をします。9をかければ81になるので、81÷9=9であるとわかります。

割り算は割り切れない場合もあります。

80÷9という問題が出題されたときには、ちんぷんかんぷんになってしまう人もいるでしょう。

この場合は9*8=72、9*9=81としたあとに、数字を比べます。8なら80を超えていないのに対し、9なら80を超えます。計算の答えは8以下となります。

80÷9=8ではないので、あまりを求める必要があります。

80-8*9=8なので、あまりは8となります。80÷9=8mod8となります。(modは余りを意味する)

割り算は難しいですけど、九九、足し算、引き算を駆使すれば解けます。

小学生の算数学習では好きになるとよい点数を取りやすくなる

 

算数学習に限らず、好きになることが、上達のコツになるのではないでしょうか。

意欲に満ちた学習、いやいややらされている学習では吸収力が異なります。

前者では100以上の成果が出ることがあるのに対し、後者は頭に入ってきません。

苦手意識を持たないことも重要でどうせできない、どんなに頑張ってもいい点数を取れないという考え方に陥ってしまうと、成果を出しにくくなります。

得意だという意識を持つ必要はないものの、過度な苦手意識は捨てた方がよいでしょう。

 

タブレット教材や通信教育を補助として使用してみる

学校の授業についていけるのであれば、特に利用する必要はありません。

どうしてもやり方がわからないという場合だけ、タブレット、通信教育を利用してみるとよいでしょう。

とくに小学生の算数におすすめのタブレット教材は「RISU算数」です。

私もしばらく利用していましたが算数が良く理解できるので、もし興味があればRISU算数の口コミなどをチェックなさってみるのもおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です