【参考にした口コミ】チャレンジタッチを3年続けていて現在も継続中

チャレンジタッチを3年続けていて現在も継続中です。

チャレンジタッチは最初に紙かタブレットか選択出来るのは良い点だと思います。

私自身はタブレットはあまり良いイメージがなくて紙にしたかったのですが、子どもがどうしてもタブレットにしたいと言うのでタブレットにしました。

 

結果としてうちの子の場合、タブレットは効果がかなりありました。

それまでは宿題をチェックしてから、理解が足らなそうな科目は私が復習用にプリントなどをを用意していたので時間がかかっていましたし、親が教えると反発したりもありお互いにストレスがありました。

チャレンジタッチのタブレットにしてからは自分から机に座って勉強するようになり、かなり楽になりました。

日々チャレンジで勉強すればポイントがもらえるのが嬉しかったようです。

ポイントが貯まると景品と交換出来ます。

 

あと良かったのは子ども向けの電子書籍が沢山入っていて、色んな本が読めるのが読書好きな我が子にハマったようです。

子どもが興味を持ったり興味が湧くような本がたくさんあるので色んな本に出会うことができたようです。

その他に良かった点は、英語です。

英語の塾には通っているのですが、平日はチャレンジタッチのチャレンジイングリッシュを受講しています。

英語は積み重ねなので週一回の塾だと少ないかなと思うのですが、家でも英語の勉強が出来るし、短時間でも毎日英語の勉強が出来るのは良いと思います。

 

月に一回はチャレンジタッチでオンラインで英語の講座も受けられるのがありがたいです。

先生の選択や時間の予約もチャレンジタッチから簡単に出来ます。

チャレンジタッチの中で英語のテストも受けられるのでどれくらいのレベルなのかよくわかって良いと思います。

 

タブレット端末で勉強が出来るのは、自粛により学校が休校していた時は通信講座を受講していてよかったと本当に思いました。

自宅にいて勉強が出来るというのはこれからの時代、重要な点だと思います。

最近はチャレンジタッチの中にオンライン授業というのが組み込まれ、算数の講座が聞けるようになりました。

30分程度なので負担もなく先生の話もわかりやすかったと子どもが言っていました。

 

あと、登録しておけば親のメールに連絡がきます。

何の科目をどれくらい勉強しているのか、サボっているのも一目瞭然です。

そしてチャレンジタッチへ子ども宛に応援メールが出せるのも楽しいやりとりです。スタンプも押せるし、オリジナルで文章も打てます。

 

中学受験するのならば、チャレンジタッチ一本では難しいかな?と思いますが、学校のテスト対策や勉強の習慣をつけるためであれば十分だと思います。

ただ、チャレンジタッチは全く合わなくてせっかく受講したけれど放りっぱなしでやらなかったという子も周りにいました。

合う合わないはあると思います。

onoda

私が最終的に選んだデジタル学習教材はこちら

ぜひ参考までに

小学生におすすめデジタル学習教材3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です