小学生に短期間でも家庭教師を付ける理由とは

小学生の夏休みや冬休みなど、学校の長期休暇に家庭教師を付けたら成績が上がって良いのではないかとお考えの親御さんは多いと思います。

塾や学校とは違い、マンツーマン指導の家庭教師ですから、短期間でかなり成績を上げられるのではないかと期待する気持ちはわかります。

しかし、意外と成績が上がらないケースもあり、費用も高い事から面接などをしっかりとして冷静に判断する必要があります。

そこで今回は、小学生に家庭教師を利用する理由やメリットを考察してみます。

 

マンツーマンで一人一人に合わせた指導

確かに、理屈では小学生の成績は家庭教師を付けることで期待できます。

マンツーマンで一人一人に合わせた指導が出来ますから、苦手なところ、理解できていない事をピンポイントに教えますので、短時間に成績を上げる事につながります。

一人の小学生をじっくり観察する事で、問題文をしっかりと読めていないとか、暗記の仕方が悪いなど、その特徴を把握する事が出来ます。

学校や塾の先生には無理な話で、家庭教師なら座り方など細かい部分でさえ直す事が出来ます。

 

勉強時間が増える

勉強時間が増えるのも大きなメリットです。

学校から帰って次の日の学校まで時間は充分にありますが、ほとんど勉強をせずに過ごす事が多いです。

共働きのご家庭が増えている時代に、両親に管理させるのは酷な話。

また、自己管理が出来る小学生が少ないのも現実です。

家庭教師が自宅に来てくれるのなら、その問題は確実に解消されます。

 

移動時間が無い

移動時間が無いというのも大きなメリットです。

移動時間のほか移動のための着替えや外出の準備など、意外と時間がかかるものです。

交通費もかかりますし、疲れますし、感染病にかかるリスクも。

移動時間が無ければその分を勉強時間にあてられますから、その方が良さそうです。

 

融通が利く

融通が利くのも嬉しいメリットです。

家族で旅行に行くので日にちをずらして欲しいとか、体調が悪いので日にちを代えて欲しいとか、試験前なので特に勉強時間を増やして欲しいといったニーズに応えてもらえます。

また、親御さんの要望をお子様に直接言われても拒否される事がありますが、家庭教師が間に入る事で意外と解決する事があります。

第三者が入ることで冷静に考えられたりするのです。

逆にお子様が親御さんに直接言えない事を知ることになるかも知れません。

 

家庭教師の費用は高いですので、出来ればいい家庭教師を選びたいものです。

中学受験にもぴったり。

お子様はまわりの子供たちから影響を受ける事が多いのですが、良い家庭教師から勉強だけではなく、人間的な良い影響も受けて欲しいものです。

また最近では自粛生活におすすめのスタイルに「オンライン家庭教師」もあります。

もし興味があれば小中学生オンライン家庭教師ランキングなど有意義な情報を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です