小学生のお子様を持つ親御さまへ「性格に合った家庭教師選び」をすすめます

小学生のお子様を持つ親御さまへ「性格に合った家庭教師選び」をすすめます

20代の頃、小学生の家庭教師をしていた経験があります。

小学生家庭教師のメリットは、個人的なケアーができる二つの点があると思います。

一つ目は、学習面です。

一対一の授業なので生徒さんのレベルを把握しやすく、集中的に苦手な科目や分野を講師が把握しやすいです。

そして、生徒さんのペースに合わせて進めていくことができます。

家庭教師の会社によって異なると思いますが、教材も、講師が生徒さんのレベルに合わせて選択できるのも利点です。

課題点を補強できるので、より、成績を伸ばすことができやすいと思います。

 

二つ目は、勉強だけでなく、精神的なケアーが少しできることです。

生徒さんと講師間で、信頼関係が段々できてくると、生徒さんからお話を聞かせてもらうことがあります。

学校であった、もやもやしたこと、また、うれしかったことなど、共感するだけですが、少し勉強の合間にお話しできます。

生徒さんは、心がすっきりし、より、勉強を進めていくことができるように思います。

でも、講師はあまりプライベートなことには入りこまないようにすることは大切と思います。

少しですが、心もすっきりさせてあげて、個人のレベルにあった勉強のお手伝いができる点がよい点だと思います。

 

次は、デメリットについてです。

こちらは3点あり、一つ目は競争心がなくなる点があると思います。

家庭教師は、集団の授業ではく個人の勉強となります。

ですので、ほかの生徒さんと点数で比べるということがありません。

塾などで、度々行われるテストの順位も、発表されないため、マイペースになりがちです。

負けたくないという、そういう気持ちを持ちながら、勉強するのは難しい環境にあると思います。

 

二点目は生徒さんと先生の距離が近くなることで、勉強がなかなか進まないケースもあることです。

生徒さんの自宅のため、あまり仲が良くなりすぎてしまうと、集中力が途切れて、なかなか勉強が手につかなくなってしまうかもしれません。

その点、塾ですと、勉強の環境が整えられていているので、勉強する場所との意識を生徒さんが持ちやすいと思います。

 

三つ目は難関校を受験する場合、家庭教師ですと教材など、新しいいものを準備しずらい点です。

塾には、最新の教材と入試に向けての最新のデータがあります。

難関校受験は、塾の方がよいかと思います。

 

このように、小学生の家庭教師には、良い点と悪い点があると思います。

一人一人の小学生の個性にあった利用ができたらよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です