小学生でも家庭教師に習うのがメリットになる

小学生のお子さんに家庭教師は必要なのか、悩む親御さんも少なくないでしょう。

学習塾もありますが、やはり一対一の個別指導というのが家庭教師を雇うメリットですから、入塾するくらいなら家庭教師を選んであげたほうが結果がついてきます。

小学生低学年からでも必要になるのは、どんな場合でしょうか。

第一に、学校の授業を理解できているかがポイントになります。

テストの成績はいかがでしょうか、赤点ばかりが目立つ教科があり、担任の先生から『家庭学習』について指導されるのであれば、必要になるでしょう。

こうした場合、授業の進度が早いことが原因となるケースが圧倒的に多いようです。

しかし、授業に遅れが出ることは他の生徒の学力にも影響してしまいます。

だからこそ、担任の先生は『家で勉強を教えてほしい』と相談するワケです。

 

もちろん、中学受験などを目標とするならば家庭教師を雇い、徹底した中学受験対策を行うべきでしょう。

しかし、こうした受験のためにも、早いうちから学習塾に通わせたり、家庭教師に教わることが無駄なく効率的です。

予習・復習まで細かいアドバイスを行ってくれるのは学習塾より家庭教師です。

もちろん、小学生のお子さんの理解度、目的に合わせたカリキュラムで指導してくれる学習塾もあります。

レベル別にクラス分けされていますし、切磋琢磨しながら学習を進めることもできます。

しかし、家庭教師を雇うメリットは授業の理解度にありますから、科目別対策が学習塾よりしっかりしていることが伺い知れるでしょう。

レベル別にクラス分けされても、そのクラスで最下位の成績であるのなら、また、そのお子さんがやる気を持っていないのであれば、成績アップや学力アップなどは難しいでしょう。

 

学習塾も、学校の授業スタイルと大差ありません。

デキる子についていけないなら、やはり遅れをとってしまいます。

算数や国語をはじめ、小学生のお子さんは苦手科目を抱えています。

とくに理解できない科目は指導力ある教師が、徹底的に苦手を克服させなければ追いつかないでしょう。

小学生の場合、特に算数の苦手克服を口にしています。

学習塾の算数は応用もたくさんです。

文章問題になると解けない小学生も少なくありませんが、大体、基礎の理解が不十分だからです。

それを知るからこそ学習塾の講師でなく、一対一の家庭教師がその基礎を徹底的に教えてくれます。

基礎固めができれば、あとは応用問題でつまずくことがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です