小学生が家庭教師で指導を受けるメリットについて

現在は小学生低学年の段階で塾や通信教育など、校外学習を受ける子どもはとても多くなっています。

これは近年のゆとり教育の見直しにおける、学習内容の難易度が上がっていることに影響を受けています。

しかし塾に通わせるのは何となく抵抗を感じるとか、あるいは通信教育では自ら勉強をしないのではないかという不安を抱えている親御さんも多いです。

その場合は家庭教師を依頼するのも1つの方法です。

 

小学生に家庭教師を依頼するのはさまざまなメリットがあるため、状況によっては塾よりも適した学習環境が得られる可能性が高いです。

まず家庭教師は自宅に来て子供の指導をします。

塾は現在全国各地にあるものの、地域によっては小学生を通わせることができる塾が存在しない場合もあります。

中には塾に通うのに片道1時間かそれ以上かけて行かなければならないこともあり、小学生には負担が大きいものです。

しかしながら家庭教師は自宅での学習指導になるため、通うための時間が削減されてそれだけ負担が小さくなります。

これはまだ体力が十分でなく、塾通いをすると疲れてしまいがちな小学生にはとても適しているものです。

 

また塾は平日の場合、学校が終わった5時頃以降の時間帯に通うことが多いです。

しかし小学生が5時以降に塾に通う場合、終了時刻が早くても夜7時前後になるということを考えてそこから食事や入浴をして寝るとなると、就寝時間が夜10時以降になることもあり小学生には負担が大きいものです。

しかし家庭教師の場合は所属する講師の条件と合えば、学校が終わった午後3時から4時くらいでも訪問して指導を受けることが可能です。

それに加えて移動時間もないことから、夜は早く寝ることができて疲れやすくなることもありません。

 

さらに家庭教師は基本完全に一対一での指導になります。

塾に通う場合はよほど希望しない限りは、完全に一対一での指導になることはありません。

特に小学生で人見知りが激しいという子どもの場合、集団形式の指導や個別指導でも講師が同じ時間帯に複数の生徒を指導している場合には問題に対して質問があっても聞くことができず、学力向上につながらないことも多いです。

そのような人見知りが激しいという子どもは家庭教師で指導を受けた方が、学力が向上する可能性が高いのです。

家庭教師というと小学生にはまだ早いというイメージもあるかもしれませんが、状況次第では小学生でもオンライン・訪問型問わず家庭教師の指導を受けた方がメリットが多いこともあるため校外学習の候補として検討すべきです。

とくに首都圏で評判が高いのは家庭教師ガンバです。もし興味があれば家庭教師ガンバの評判を徹底的に口コミレビュー(外部サイト)をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です