小学生にオンライン家庭教師を利用するメリット・デメリット

オンライン家庭教師にはメリット、デメリットがあります。

それぞれについて書いていきます。

 

小学生にオンライン家庭教師を利用するメリット

メリットとしてあげられるのは、柔軟な時間に対応できることです。

お互いのタイミングさえ合えば夜間であっても授業を受けることができるため、夜間に子供は家にいてほしいという親にとっては安心材料といえるでしょう。

 

また、場所が自由に選べるというメリットもあります。

対面方式の場合は家庭でなければならないのに対し、オンラインではネット環境が整っていればどこでも授業を受けられます。気分転換をしたいときにも、いろいろな場所を選択することができます。

 

さらに相性のいい先生を探せるところは、オンライン家庭教師の大きな利点です。

対面方式は移動範囲に限界があるのに対しオンライン家庭教師は全国から選べるため、子供のためになる先生とのマッチング確率をアップさせることができます。

オンライン家庭教師に住所を教えなくてもいいというのも家庭のメリットで、住んでいるところを知られたくという場合には大きな恩恵といえます。

 

最後にもう1つ、自分のペースで勉強できるといった利点もあります。

塾などでは一斉に行うため「ペースを合わせてほしい」といいづらいです。それを気軽にいえるのは小中学生の子供にとってかなり大きなメリットです。

 

小学生にオンライン家庭教師を利用するデメリット

デメリットとしてあげられるのは、設備投資の費用が掛かることです。

家庭がインターネット接続していない、パソコンがないといった場合は授業を受けることができません。

最低限の家庭環境を整えていることが求められます。

 

ネットの接続が悪い場合などは、授業を受けなくなることも起こりえます。

頻繁に遭遇するわけではないものの、インターネット回線の工事などによって、授業を中止せざるを得ない状況になるかもしれません。

 

また子供が授業をさぼりがちになることも考えられます。

オンライン家庭教師に見られていないため、緊張感を保つのは難しくなることが想定されます。

対面方式の授業よりも、吸収力が落ちる可能性もあります。

 

先生に気軽に訊けない部分もマイナスです。

言葉で伝えることになるため意思疎通がうまくできないこともあり、その部分に時間を取られることによってスムーズな進行を妨げる要因になりかねません。

結果として、授業の進行が思い通りにならなかったというパターンはあるでしょう。

 

子供と対面していないため、オンライン家庭教師が進捗状況をきっちりと把握できないといったことも起こりかねません。

二人の認識に大きな隔たりが生じやすくなるため、綿密に確認を取るように習慣づけるのをおすすめします。

 

人間は他人と一緒に努力することによって、成長していく一面があります。

オンライン家庭教師では一対一で行うため恩恵を享受できなくなる部分が、一番のデメリットといえるかもしれません。

仲間と一緒に勉強できる環境の方が、成長できる生徒にとってはマイナスに働きます。

 

参考:2021年主婦目線の小学生おすすめオンライン家庭教師ベスト3