発達障害は勉強を工夫しよう!伸びる理由と具体的な対策

発達障害の生徒は、通常の勉強方法ではなく、本人にあったスタイルを選ぶと成績が伸びるケースが多いです。

どんな生徒でも言えることですが、本人にあった勉強方法は本当に大切。特に発達障害を持っているなら尚更、工夫が必要と言えます。

うまく興味を引き出せれば才能が開花して、難関校に合格している事例も多々あるため、諦めずに頑張りましょう。

 

まず、重要なのは発達障害の生徒をひとくくりで考えるのではなく、各自に個性がある点に気を付けることです。

各自に性格や興味、得意・不得意に違いがあります。このため、他人の成功談を参考にするのは良いとしても、全く同じパターンを当てはめるのはおすすめできません。生徒の容量オーバーに繋がるためです。

発達障害があると、一般の生徒に比べて努力できる量が違い、特に苦手なことを長時間させるのは難しい側面があります。

生徒の限界を超えて努力をさせようとすると、精神的にも体力的にも苦しくなって、勉強を嫌がり、問題行動に繋がる可能性も否定できません。もちろん本人の頑張りも大切ですが、我慢の許容量を超えないよう見守るようにしたいものです。

その上で勉強の成績が上がれば、本人もやりがいを感じて許容量も増してくるでしょう。

 

その上で勉強方法ですが、急がば回れの言葉通り、遠回りをしても着実に理解していく方法がおすすめです。

現在の授業は一般の生徒でも、塾や家庭教師を使っていても、ついていけないケースが珍しくありません。特に小学高学年以降は一気にハードルが上がって、脱落する生徒が増えます。

障害の有無に関係なく、一度遅れ始めた生徒は、テストの度に精神的に打ちのめされてしまうのです。最終的には勉強に対し、トラウマを覚えてしまいます。

 

対策としては学年にこだわらず、前年度の単元でもわからない部分を克服することが大事です。

併せて、発達障害の生徒の個性からも、適切な方法を考えなくてはなりません。これが一筋縄ではいかないため、発達障害専門の塾や家庭教師をリサーチしてみるのがおすすめできます。

障害のタイプごとに問題点を把握しており、実績やノウハウがある分、適切な向き合い方を知っているわけです。

困った時には専門家のサポートを受けると、解決の糸口が見つかることは多いもの。色々なアドバイスを受けると、保護者としても視野が広がります。

もちろん、このようなタイプの塾や家庭教師は、生徒のやる気や前向きな気持ちを引き出すのも得意です。

勉強成績がアップしたことをきっかけに、色々な面で成長する生徒は多いため、前向きに考えてみてはいかがでしょう。