発達障害は個性に応じた勉強方法を考えよう

発達障害の勉強方法について

発達障害者は勉強において集中力をそがれやすい、脳の偏りが大きいといった欠点を抱えている人が多いです。

そういう人たちがどのようにすれば、学習に集中しやすくなるのかを書いていきます。

 

勉強に集中できる環境を作ることが非常に重要

発達障害者は色々なものに意識を向けやすいタイプが存在します。

そちらに熱中してしまうと、勉強からそっぽ向いてしまいがちです。学習をする際は、余計なものに目がいかないような環境づくりを求められます。

勉強部屋にはテレビ、ゲーム、スマホ、漫画といったものはおかない方が無難でしょう。勉強専用部屋を設けることを検討するとよいでしょう。

 

勉強前に精神状態をすっきりさせておくことも必要

他のことに意識を向けている状態では、勉強はままなりません。

興味のあるものに一直線に進んでいく性質を持つため、勉強よりもそちらを優先させてしまいがちます。

発達障害は勉強する前に、メンタルリセットをしておくことを求められます。そうすることで、勉強の吸収力をアップさせられるでしょう。

 

子供に対して寛容さを持つ

発達障害のミスをちくちくと指摘してしまうと、勉強に対してネガティブな印象を持ってしまいます。

挑戦したことを褒めるように心がけることによって、子供は勉強したいと思うようになるのではないでしょうか。

また親の性格も、発達障害の勉強においては重要な要素になります。

 

発達障害の特性に合わせた学習方法を検討

発達障害には一度目に通せば忘れないタイプ、耳に入った情報はずっと覚えていられる、書いたことは丸暗記できるといった、健常者ではなしえないスキルを持つタイプもいます。

子供があてはまっていた場合は、長所を生かすような勉強方法を考えてあげてください。

吸収力が増すことで、勉強に前向きに取り組めるようになります。

どんなに目に通しても覚えられない、聴覚からの言葉を記憶できない、暗記は難しいということもあります。

そういったケースにおいては、他の方法を考えてあげるなど。苦手なところを継続させてしまうと、勉強が嫌になってしまいがちです。

寛容さがあったとしても、成果につながらなければモチベーションを失いがち。

結果が伴うことが非常に大事です。

 

参考書は個人のレベルに見合ったものを選ぶ

発達障碍は東大生レベルの学力を持つ者もいれば、小学生の勉強についていけないタイプも存在します。

学力の個人差は非常に大きいので、能力に見合った参考書を選択するとよいと私は感じます。

 

まとめ

発達障害を抱えている小学生、中学生は健常者と同じ勉強方法では難しい部分もあります。

それぞれの能力に合わせた勉強方法を考えるのがおすすめ。

レベルに見合った学校に通学させることも重要です。

まったく物足りない、全然ついていけないという状況に陥ると、モチベーション低下は避けられません。