小学生のオンライン英会話では楽しさを優先

オンライン英会話と一口に言っても小学生という学年によって学ぶ内容は異なるので、選び方次第で得にも損にもなると思います。

我が家の場合には「園児からスタートできるオンライン英会話スクール」を利用していて、実際に利用したのは小学生低学年からです。

こちらは中学生の英語学習にも対応していますが、社会人(ビジネス英会話)には対応していません。

なので、キッズ専門というスクール選びが必要になるかと思います。

 

また所属している講師も全員がフィリピン講師、というオンライン英会話スクールもたくさんあります。

アジア系なので対応としては非常にやさしく接してくれますし、ネイティブ講師のように優れた講師のみが所属していますから、指導力も備わっています。

我が家の場合、小学生なので日本語を話せる講師を選びたかったので、バイリンガル講師が所属しているスクールを利用していました。

このおかげで、レッスンで意味が分からない部分があっても、親子ともに日本語で質問ができます。

ネイティブ講師は魅力ですが、日本語があまり分からない講師の場合、意思疎通が図れなかったので、すぐに退会しました。

これなら、You Tubeなどを見ているほうが親としても安心できます。

 

また兄弟姉妹がいるのであれば、アカウントを共有することができるサービスを利用したほうがコスパも良いと思います。

教材、テキストなども、英会話なので「話す」「聞く」ためにインターネット上でテキストをダウンロードしていました。

ただ、「書く」という専用教材が用意されているところもおすすめです。

英語脳を鍛えるための教材、テキストがひと通り揃っていれば、親がその場にいなくても、1人でもできます。

 

小学生としては授業にはまだ導入されていない学年でのスタートでしたが、週に1回のレッスンを受けていました。

1ヶ月ほど継続した結果としては、ABCの歌を歌えるようになったり、おはようと挨拶していたのに「ハロー」と言うようになったり、単語を少しずつ口にするまでになりました。

それからも、動物や食べ物を英語で発音でき「バナナプリーズ」と口にするまでになりました。

レッスン外の学習が必要になるかと心配にもなりましたが自習は必要なく、小学生低学年であれば英語に触れるだけ、楽しいという感覚だけで十分だと思います。

そんなオンライン英会話経験ですが、講師の言葉をオウム返ししていても、その文法はためになる文法として話してくれていて、使える内容でした。