中学生だから効くオンライン英会話で英語力のベースアップを実現!

もともと、主要教科の中では英語は好きな方な小学生のわが子。

英語教育に熱心な私立中学を受験したいという気持ちもあり、英会話を習いたいと言い出しました。

手っ取り早く駅前英会話の無料体験に行き、小学生クラスの1時間体験レッスン。

先生は「センスありますよ」と言っていたけど我が子はなぜか浮かない顔で、結局契約はしませんでした。

理由を尋ねると「学校で同じクラスの子がいた」とのこと。

知った顔がいて安心するかと思いきや、逆に恥ずかしいと思ったそうです。

 

オンライン英会話だったら1人だし良いのでは?と思い、ほかに複数の会社の無料レッスンに申し込みました。

親の目の前でオンラインレッスンをするのが恥ずかしいと、自室にこもり体験レッスン。

しかしレッスンが終わった後、我が子は真っ青な顔をしていました。

「何をしたらいいか分からなかった」とのこと。

テキストを読むのか、先生に続いてリピートするのか、質問に答えるのか、というその指示が英語だったこと、先生が日本語をほとんど理解しなかったことで、相互理解がほぼない苦痛の25分を過ごした我が子。

先生との相性が良くなかったね、と我が子をなだめ、次のレッスンはバイリンガルの先生がいるところにしました。

 

バイリンガルの先生とは楽しくレッスンが出来たようで、終わった後は少し誇らしげにしていましたので、こちらに入会することに。

バイリンガルの先生がいる会社は、全員外国人の会社よりお高いですが、毎日25分継続すれば1回あたりは安いし、駅前英会話学校に週1回通うよりコスパがいいんです!

このオンライン英会話では特に「小学生向け」と銘打ったテキストはないので、本人が見て「出来そう、読めそう」と思ったテキストを選び、最初は主に日本人の先生を選んでいたようです。

夏休みは毎日午前中にオンライン英会話をやると決めて頑張っていましたが、2周目には「レッスンのやり方がわかった」と、謎解きクイズが出来たときのような顔をして部屋から出てきました。

まず挨拶、今日のワンポイント単語を読んで意味の理解チェック、文章を音読してそのあとは内容確認の質疑応答…というのがレッスンの基本の流れのようで、先生が質問してくるタイミングや自分が質問していいタイミングがわかれば、急なやりとりに怯えなくていいんだ、と、我が子は悟ったようです。

その後、2回に1回は日本語を話さない外国の先生とのレッスンを予約しているらしく、英会話を楽しんでいるようです。

レッスンをしている声も心なしか大きくなっていて、いつかリビングでレッスンしている姿を見られるかもしれません。

 

オンライン英会話は学校や受験勉強にどのくらい良い影響があるのかと我が子に質問してみると、「リスニングが上達した」「スピーキングを直してもらうことで英作文が早くなった」「毎回新しい文章を読むので読解スピードが上がった」とのこと。

リスニング能力は耳が若いうちに鍛えるのが良いとされているので、小学生のうちにオンライン英会話を始めてよかったです。