【参考にした口コミ】通信教育によって学校での成績は良いと感じています

通信教育によって学校での成績は良いと感じています

私の子供は現在小学生一年生なので、まだ長期的な見方はできてませんが、確実に通信教育によって学校での成績は良いと感じています。

と言うのも通信教育のデメリットのところで、1人で学習するため「受験には向いていない」と言うことがあるかとおもいますが、受験を目的としていない場合には「自分のペースで学習できる」という点で通信教育は魅力的です。

そして小学生のうちは集団授業を行うことの多い塾の場合、授業の内容が難しすぎたり、逆に簡単だったりすると、塾に通うのはお金と時間の無駄になってしまいます。

基礎学力が身についていない子どもなら、塾ではなく通信教育の方が合っているケースが多いでしょう。

通信教育は自分1人で取り組むため、上手くいけば学習に対する自主性や家での学習習慣を身につけることができます。

友達やクラスメイトがいなくても勉強を頑張れるというのは、変化の激しい時代を生きていく今の子どもたちには重要な力で、自ら学んで知識やスキルを習得できる人がこの時代を生き残るでしょう。

 

ちなみに、新学習指導要領にも、学校で育成を目指す資質・能力の1つに「学びに向かう力」と書かれています。

非接触化によって、今だに大学生でも30%ほどの学生がリモート授業だそうです。高い授業料を支払って、ずっとリモート、やってることはほとんど自習なんです。

この時代は、勉強というのは自発的に行う習慣を子供のころから作っておかないといけないのです。

 

奨学金の制度なんて言っても、実際は学生ローン。しかも高利のローンです。

そのお金を、タイミングこそ違いますが通信教育、自主学習に充当するほうがよっぽど将来に備えられ、現代のサバイバルを生き抜くための学習習慣の土台にできるのです。

子供のうちから習慣にしてしまえば、学ぶことが苦ではなくなります。

 

うちの子供なんか見ていてもまさにそうです。

自分でわからないことは調べ、人に聞く前に図書館で本を借りてきて調べたり、検索したりする習慣が身に付いています。

小学生1年生ですよ。

これからは情報の民主化によってそういった子供たちがどんどん出てきて、大人になり世に出ていきます。

そういった人達はきっと大人になっても学習することをやめないでしょう。

それは幼い頃からの、通信教育などのメソッドにより、自発的に学び行動するという基本的な土台が自然と構築されているからに他ならないのです。

そういった人達がこれからの世を面白おかしく変えて行くのだと感じます。

onoda

私が最終的に選んだデジタル学習教材はこちら

ぜひ参考までに

小学生におすすめデジタル学習教材3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です