【参考にした口コミ】小学4年の長男に進研ゼミ小学講座を受講

きっかけ

小学4年の長男に進研ゼミ小学講座を受講させています。

きっかけは幼稚園の時に、周りの子がひらがなをすでに書けることを知ったからです。

とくにお受験の予定などはありませんでしたが、専業主婦で気ままに子育てしていた私は、ひらがななんて小学生になれば勝手に覚えてくるものと思っていたので、少々焦りました。

入会し、内容が良かったので、そのまま小学講座を継続して受講しています。

メリット

一番のメリットは、塾に行かずに家庭で行えることです。

週5回スポーツ系の習い事をしているので、体力的に限界でした。

家でできるので、送迎にかかる時間で、お風呂に入ったり、ごはんを食べることができます。

 

次のメリットは、勉強の習慣がつくことです。

小さいころから一日2レッスンと言われているので、「勉強しなさい」と言わなくても、タブレットに向かう習慣ができました。

学校帰りにそのまま取り組みます。

息子からしたら一連の流れになっているようで、習慣って強いなって実感しています。

 

次に思うことは「長期の休みに別のドリルを準備する必要がない」ということです。

一度下の妹のために、復讐問題集やドリル集を買いに行きましたが、結構疲れました。たくさんあるので、悩みますし、お値段もかさみます。

進研ゼミ小学講座は、定期的に実力診断テストがあり、点数がつき、弱点を分析、その子専用の取り組み問題を送ってくれます。

努力賞ポイントもつき、ほしい景品の為に嫌がらず頑張っている姿がほほえましいです。

他に長期休み取り組み集というドリルもきちんとその時期に送ってくれるので、いつもの勉強+長期休みにも対応できる。

この講座だけで十分対応できるという点がいいです。

デメリット

学年が上がっていくときに値段が上がります。

一年の頃は一年で25000円程度でしたが、新五年は63000円です。

だんだん塾に近づくお値段になってきたので、効果に注目して続ける必要があります。

次に、タブレットを使用しているので、手書きで勉強する機会がグッと減りました。

国語などではしっかり文章を読まないで、番号だけサクッと選べるようになっているので、その点は-だと感じています。

効果的な使い方と学習効果

ベネッセから案内があり、県内のベネッセの塾の体験に行ってきました。

そこで、効果的な使い方を教えてもらいました。

「タブレットだけでなく、ノートを一冊いつもセットしてください」と。

一問問題を解いたら、そのあとに表示される赤文字の解説や、ここが大事ポイントをノートにうつすということでした。

いつもタブレットだけで完結していたので、なるほどと思いました。

あと、今日の目標と、どこまで達成できたか、達成には何が足りなかったかなど、大人も仕事でよくする目標管理について教えていただけました。

まとめ

我が家は通信教育を始めて6年目になりますが、今のところクラスではトップクラスでいます。

クラスの8割は塾に通っていますが、進研ゼミは4教科対応してくれているので来年度もこのまま継続予定です。

習慣を味方にするという事はこれからどんな場面でも役に立つので、お勧めしたいと思います。

中学生になったら進研ゼミ中学講座を考え中。

いまは通信教育「進研ゼミ中学講座」 の詳しい内容で口コミ情報をチェックしたり、いろいろ情報収集をしています。

onoda

私が最終的に選んだデジタル学習教材はこちら

ぜひ参考までに

小学生におすすめデジタル学習教材3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です