【参考にした口コミ】ベネッセの進研ゼミ中学講座ハイブリットを利用

昨年高校受験のためベネッセの進研ゼミ中学講座ハイブリットを利用しました。

中学3年前半は最後の部活ということもあり、塾に行かせるということもなく淡々と勉強・部活・宿題をこなしていきましたが部活引退後周りの勉強の差がでてきて本人はかなり焦っていました。

スポーツ推薦を頂いたので引退しても週3は練習。塾も定員終了となり行けず

何か時間を有効的につかえないだろうか。と思って考えてたのが通信講座でした。

本人は元々一人でコツコツするタイプなのでそれに補う形のほうがやりやすいのかなと思いしてみてはどう?と聞いたところしたい!というので契約をしました。

 

実際きてすぐ進研ゼミを取り組み学校で聞けなかった分からない問題とかはそれで調べながら分かるまでしていきました。

また高校受験対策として志望している高校に向けて勉強もすることができました。

進学校を目指していたので難校向け対策のコースでとにかく時間があれば進研ゼミをして。の繰り返しでした。

周りの勉強の差もそんなに大差もなくなったのでホッとしました。

時間を有効活用するのと本当にコツコツできるタイプの人には向いているかと思います。

 

親としては、子供がどの科目をどれくらいしたのか毎日私のスマホに送られ来ます。

また赤ペンの提出ができてないとそういう提出の依頼のメールがくるので、随一知ることもできてよかったです。

学校で習ってないこと、分からないままにしてたこともでき予習・復習という意味でもよかったでした。

 

高校にはいっても継続で高校講座もしました。

こちらスマホにアプリをいれて通学中に聞きながら覚えるとういう形式で、親としては最高のアプリだと思いました。

が使用している本人は通学中(電車)は眠くて起動しても寝てしまうから意味がないと言ってました。

学校の授業も本人はかなり良いらしく高校講座しなくても授業だけでわかると言われました。

部活に勉強、そして通学だけでほぼ一日が終わってしまう毎日でしたので、勉強の遅れもなっかたので途中退会しました。

 

結果的に中学の時はほぼ毎日時間の空いているときに30分から1時間ぐらい楽しみながら勉強することができたとおもっています。

本人もしなくてはならないという使命感もあったみたいでした。

また受験という重荷に余裕ができたというメンタル的にも良かったでした。

ネット塾とは言えど本人が開かない限りそれは有効にならないので自主的にまた程々に勉強ができる子はお勧めです。

勉強が苦手な子は逆に言い訳をしてしない傾向があるので教材の無駄になるかと思います。

onoda

私が最終的に選んだデジタル学習教材はこちら

ぜひ参考までに

小学生におすすめデジタル学習教材3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です